スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ZEXAL 35・36感想

秀太対遊馬の対決、遊馬の成長が伺えた回でした。
2話分を見終えて、振り返ってみたいと思います。

シャッターチャンス!
まずは早見?秀太の略歴をざーっと見ていきましょう。
彼は遊馬や小鳥と同じ中学を経て、カメラマンになります。
秀太は本来、人の笑顔や美しい景色、ほのぼのとした景色を
撮影する事が好きでした。…が、
現在九十九明里が所属する記者団の編集長などに突き放され、
「もっとインパクトのある写真を撮れ!」と言われてしまいます。
思い悩む秀太、そこに1枚のカードが舞い込んできます。
……それこそがナンバーズ・カード。以後、
彼はイメージを未来に変える力を手に入れてしまいます。
後は力を悪用、大量のスクープ写真で一躍有名となり、
更なるナンバーズの力を求めWDCに参加するのでした……。

…と、こんな感じでしょうか?
次に遊馬の心境から。

33話にて決闘で人を傷つけるⅣを、
34話にて復讐を告げ去って行ったシャークを見て、
決闘はそんな事に使うものじゃない、決闘をした者は仲間同士だ――、
と、遊馬は考えますが、その想いは届きません。
八つ当たり気味に小鳥にぶつかってしまうも、答えは出ないまま――。
そんな折、ナンバーズの力で大事件を起こし、更には
小鳥まで傷つけようとする秀太の姿を見ました。
「決闘」の本質をぶつける為、遊馬と秀太の決闘は幕を上げた――。

あらすじみたくなってしまいましたw
小鳥の命運を賭け、二人の決闘が始まります…が、
決闘の直前にシャッターを切る秀太。自身のナンバーズの力、
未来視の能力によりお前は負ける、と遊馬に告げます。
その力は確かなのか、1、3ターン目に出すモンスター、
罠カードを次々と当てていきます。そして5ターン目…、
ホープを出すと敗北する…予言のターンが回ってきたのですが、
「未来は自身の手で切り開くもの」…そのことばを信じ、
遊馬はターンエンドを宣言する。

「呼べ!」
「呼ばねぇよ!」
「何!?」
「俺はこれでターンエンド!!」

勝手なことをするな!
「勝手なことをするな!!」


…また新しく名言が生まれてしまいました…w
ここで判明したのが、秀太のナンバーズの力は、
「イメージした未来を写真に写す能力」。それを秀太は、
巧みな話術(意図したのかわかりませんが…)を使い、
あたかも完全な未来予知として見せていたのでした。
計算が狂う秀太。せっかくのナンバーズ、
《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース》
の能力も上手く扱う事が出来ず、凡ミスの末に
最後はホープレイの攻撃で決闘は幕を下ろしました。
しまった時の顔

その後突如としてカイトが現れ、飛行船の墜落は免れます。
やはり決闘者は仲間同士なんだな、と安堵する遊馬に対し、
勘違いするなと言いつつ、カイトはその場で再戦を臨まずに
去って行きました。(本当に再戦したいのはアストラル…?)
ホッとした遊馬、そして小鳥を撮影する秀太。
しかしそこにはナンバーズの邪念は無く、
純粋に、そこに笑顔があったからだった――。
最後に写真に写ったアストラルが印象的でしたね。

遊馬の成長や葛藤が見られた、中々に良い回でした。
やっぱり使う切り札が定まっているって良いですよね!w
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

プロフィール

青い人たち

Author:青い人たち
青いカード等が好きな人たちです
うちのブログのメンバーを紹介します。
ルビーゲーム
基本的に全TCGをプレイしている管理人。

IS
遊戯王オンリーなデュエリスト。

カルート
たまに遊戯王に顔を出すバトスピ兼ヴァンガプレイヤー。

えびマヨ
生粋のバトルスピリッツプレイヤー。

スリープ
様々なTCGの話題に顔を出す謎の男。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
3D球体タグクラウド
月別アーカイブ
カテゴリ
デュエリストカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。